ベトゥン ケリホゥン国立公園

地形的に、ベトゥンケリホゥン国立公園は丘陵地です。マウントベトゥンとマウントケリホゥンを接続するミュラーの範囲もインドネシアとセラワク、マレーシアとの国境を形成します。

カプアス川を形成するために、ミュラーの山の麓から小川の流れ、シバウ、メンダラム、ブンガンとエンバロー流域。パークは、これらの河川を経由して到達することができます。

公園は、418属、110ファミリ(カリマンタン固有の75%)から成る1216種の付加価値の高い植物の多様性と、そのような低地林、古い二次林、Dipterocarpus、サブ山地や山地林としての森林生態系の8種類があります。 14種は、ムーサlawitiensis、Neouvariaacuminatissima、シイinermis、マテバシイphilippinensis、Chisocheton cauliflorus、アデクリアトリスと、ショレアpeltataのようなインドネシアでは “新しいレコード”であり、そしてそのようなPinangaとしてカリマンタンでは “新しいレコード”であり、ヤシの13種bifidovariegataとベニバナサンSP。

そのような栗色のリーフモンキー(Presbytis rubicunda rubicunda)、オランウータン(オランウータン属satyrus)など7種の霊長類を含む哺乳動物のいくつかの48種はありますが、ミュラーのボルネオ灰色のテナガザル(テナガザルジャワ)、マガンリーフモンキー(Presbytis frontata frontata)と縞葉猿(P.大腿chrysomelas)鳥類301種、両生類51種、爬虫類52種、昆虫170種、112種の魚。

支配的な、最も一般的に見られる動物はオランウータン(オランウータン属satyrus)、サンバー鹿(シカ単色brookei)、西部のメガネザル(メガネザル属bancanusborneanus)、ミューラーのボルネオ灰色のテナガザル(テナガザルジャワ)、栗色の葉猿(Presbytis rubicunda rubicunda)、日熊です。 (マレーグマeuryspilus)、毛むくじゃら鼻のカワウソ(Lutra sumatrana)、大きいマレーのマウス鹿(Tragulus napuborneanus)

この公園内の鳥の中で最も異なる種が取り巻かサイチョウ(Aceros波状雲)と西カリマンタンのマスコットであるヘルメットをかぶったサイチョウ(Rhinoplaxの徹夜の祈り)です。

公園はセラワクでランチャク エンチマウ野生生物保護区と一緒に国境を越えた保護区として提案されている。

公園の広大な潜在的に生物多様性の富は、それらを明らかにする研究への挑戦をもたらす。丘の上に滝から流れる澄み切った水; 鳥の鳴き声、様々な動物の金切り声と叫びしかし、朴はまた、美しい永遠に行くように見える森の王冠上の景色のようないくつかの他のアトラクションがあります。

カリマンタンの大部分を通じて、他の内陸の人々と同様に、公園の周りに住む人々のほとんどは、ダヤック です。ここでは、彼らはダヤックイバン、ダヤックタマン、とダヤックブカトの部族に属しています。多くの人々はまだ典型的な、非常に特徴的なパターンのタトゥーで飾られています。

興味深い場所や観光名所:

ミュラー範囲:これは国境の一部を形成する。富士山。 ケリホゥン山。ベトゥンは登山に適した場所です。
テケラン、sイバウ、メンダラム、エンバロ、カニャウ川:カヤック/カヌー、動物や植物を観察し、文化観光。
リアム ラパンとリアムマタハリ:ハーディの魂はリアムマタハリでは、クラスVで最高頂に達する、難しさのクラスIII-IV定格、多数の急流でラフティングスキルを自分の急流をテストすることができます。
セヂク、バタンピルンとヤーン川:滝、動物や植物、文化観光を観察する。
ジュンLokang:公園の西部に位置し、急な斜面と洞窟探検に適した石灰岩の洞窟があります。また、文化的な興味のあるサイト。

アクセス:

  • ポンティアナック – 四輪駆動によるプトゥシバウ、約18時間、または
  • 小さな飛行機(セスナ)、約2.5時間。
  • その後、半ボートによってカプアス川、シバウとメンダラム川沿いプトゥシバウ、約5時間から、
  • あるいは、プトゥシバウからスピードボート、約3時間でカプアス川とエンバロー ホゥルの川まで。
  • そして、9時間、約半ボートによってエンバロー ホゥルは川まで。
提案:
訪問する今年のベストタイム:12月-9月
温度:21° – 28°C
降雨量:2,800 – 5,500 mm /年
標高:150 – 2000メートルASL。
地理的な位置:112°18 ‘ – 114°12’ E、0°35 ‘ – 1°34’ N

出典:林業省、インドネシア共和国