チマジャ ビーチ、西ジャワ.パラブハンラトゥ

パラブハンラトゥ領域は、駐在員のためのお気に入りの週末のサーフィン宛先とに基づいてインドネシアのサーファーが増えているジャカルタ。パラブハンラトゥは、アクセシビリティの圧倒的な使いやすさのために西ジャワ州のサーフィン会場の中で最も混雑しています。サーフィンのほとんどはパラブハンラトゥリゾートエリアものビーチがサムドラビーチと呼ばれる砲撃だけでは次のとおりです。純粋ビーチポンド、行ってどこにも悪質な荒海と水の大きな壁を備えております。ほとんどのサーファーはチマジャ、またはチマジャビーチとして知られている眠い漁業と稲作の村には、この無指向性のものと頭のため西に数キロをスキップします。

チマジャブレイク、岩礁をオフに上昇する権利は、海辺フィールド(水田)を介してメイン道路から約300メートルを歩いて到達した。それはインド洋の外に上昇し、南と南西うねりに完全に同調し、固体と角岩の底を持っているのでこの点は、一貫してできるようにネットサーフィンしています。丸石石と岩だらけのビーチの前に剥離その権利、その巨大なカスタネットの一連の波のセットが入ってロールバックするたびのようながちゃがちゃ

ここで下方にチマジャでサーフィンのためのいくつかの情報があります。

チマジャでサーフィンのスポット情報:

ブレークの種類:ポイントブレイク

波のタイプ:時折バレル波

方向:右側

底部:ロック

乗り心地の平均長さ:100〜200メートルの長さ

中級レベル:適した

詳細情報:

群集レベル:通常の群衆

最高の潮:ミッド

理想的なボードサイズ:6’2-6’4スラスタ

理想的な風向:東

波のサイズ&ウェットスーツ:春 – 夏 – 秋 – 冬

良い:4 ‘ – 6′ – オーバーヘッド:6’-8 ‘ – OK:2′-4′ – OK:2’-4 ‘

ボードショーツ – ボードショーツ – ボードショーツ – ボードショーツ

すべてここで行うことができます。

  • 日没で休憩を取ると湾の息をのむような景色をお楽しみいただけます。
  • サーフィンする方法を学びます。
  • サムドラビーチホテル ニィ ロロ キヅル ルーム、ルーム308を参照してください。
  • ワナ美遠足に行く?約9キロ。パラブハンラトゥの西には温泉とチパナス(ホット川)と呼ばれる火山地帯のそこに。

アクセス:

チマジャ村とその取り巻くから簡単に達している ジャカルタ  約2で、車で時間半、ちょうどスカブミとパラブハンラトゥに向かった後、ボゴールに高速道路を南に取る。一度チマジャの漁村では、水田を介してハイキングし、石畳のビーチ全体の慎重なホップです。

数百ヤードのために西に向かって、川を渡って、あなたはチマジャが混乱のときに作業することができカランPap​​ak、でレフトをチェックアウトすることができます。一般的に誘惑は、しかし報われません

提案:

スイマーのために、すべての海岸線のこのストレッチに沿って強い電流が用心。

常に潮の状況やそれらがどのようにラインアップに影響を与えるのを警戒する。両方便利に不安定に離陸ポイントの正面に位置している大規模な、露出した岩がありません。

多くのJavaの堅牢な南海岸のように、これは干潮で素数ウニやロックダンスの国です。ここでビーチ岩には、非常に滑りやすく、(残念ながら)が、時には鋭い、皮膚引き裂くフジツボで覆われ、平滑化されています。海岸ポンドで切り刻まれるのを避けるために注意して中で進み、戻って。

パラブハンラトゥへの鉄道や航空サービスは、あなたのサファリは、バスやミニバスで旅を選ぶ必要があります専用駐車場サービスを買う予算を意識し、カントですので、もし、存在しないことから定期的に通勤ジャカルタ  ボゴールまたはスカブミのどちらかを経由してパラブハンラトゥへ。

初心者あなたはの場合は、チマジャでサーフィンのレッスンはtheresの。彼らは害の方法からあなたを保つために水で、経験豊富なサーファーであなたを教えるために幸せになる。詳細については、お使いの宿泊施設のスタッフにお尋ねください。

そこにいくつかのサーフショップ&ボード修理施設がチマジャエリアにありますが、これらは限られています。あなたは足のロープ&ワックスではなく、を取得し、ほとんどの店は今、それらを運ぶわけにはいかないので、«フィンキー»または«鼎修理キット»、日焼け止めはすべて、インポートされますので、休日のための十分な持参。

小さな救急箱を持参することを忘れてはいけない。

岸の風は、通常時約11から始まります。·ほとんどの午後4時の滴ので、セッションをサーフィン午前&午後の両方が可能です。

乾季には波が少なく信頼性がある一方で、持ってするの波が残っている、主なサーフィンの季節ですと雨季が3月に11月からですが4月から10月までの約です。

«緑»の色は、ジャワの精神の女王の非常に色があると言われています。伝統的な地方の慣習にこの色を着ることは禁じられている。

ソース:観光とクリエイティブ経済産業省、インドネシア共和国