ガラン島

1980年代に、ガラン島は突然有名になりました。それはベトナムのボートピープル、ベトナム戦争後に自国を離れた難民数千人の家庭になって以来、この島は、国連での議論の話題となった。彼らは憂慮すべき状況で、ボートでここに来ました。

40から100人の難民が一つの小さなボートに窮屈な旅。彼らは明確な目的地なしで南シナ海における月間浮かんでいた。多くは半ば海で亡くなったが、他はガラン島タンジュンペナン、近くの他の島を含むインドネシアの領土に到達するために管理されます。

国連とインドネシア政府は、難民が他の国に定住のために処理される前に一時的に安全な避難所をガランました。彼らはついにその白い砂浜で、これはかなり島のいくつかの平和を見つけたときにアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでは多くのベトナム人は、まだ時間の感謝の記憶を保持します。

ここで構築された礼拝堂、彼らの子供のための学校や死者を埋葬する墓地 であった。現時点では、このEX-難民キャンプでは、観光地です。

このキャンプを訪問することにより、訪問者はベトナムの何千もの他の場所で保護を求めるために母国を去ったとき、過去の悲劇に戻されています。訪問者は、教会、まだ、よく維持され、観光客が使用することができる時代に建てられた寺院を見ることができます。

ガランにベトナムの村、1976年および1996年の間にここに到着したベトナムのボートピープルの村のかつての難民キャンプのサイトを参照してください。内戦による悲惨な祖国を逃れるために海を渡って、ベトナム難民数百人が1975年に使用される小さなボートのいずれかの正確なレプリカを参照してください。1984年に建てられた泉Tuの修道院は、島の最も訪問されたアトラクションです。

このキャンプを訪問し、訪問者は何千人もの人々の何百もの保護のために自分たちの国を去ったとき、過去の悲劇に戻されています。訪問者はまだよく維持され、観光客が使用することができる時代に建てられた礼拝の場所を見ることができます。

アクセス:

この島に到達する、のいずれかにフェリーでバタム島の 6のフェリーターミナル。バタム島のハンセンナディム空港は、インドネシアの多くの都市からの国内線をご提供しています。ベトナム難民キャンプはガラン島のバタムセンターから約50キロの村をシジャントゥンに位置しています。

以前にUNHCR事務所として使用される建物を訪問し、難民の日常生活についての明確な説明を取得します。

この建物では、かつて島に住んでいた難民数千人の写真を見ることができます。また、ここで自分の時間の間にベトナムで被った発生率の写真を見ることができます。この建物は現在、訪問者のためのフロントオフィスと情報センターとして使用されます。

出典:観光創造経済産業省、インドネシア共和国